PR

人生の楽園!はなぱんと漁師の二刀流!静岡県沼津市漁師になったパン屋さん

スポンサーリンク
はなぱんと漁師の二刀流 暮らし

静岡県沼津市が舞台です。

パン屋を営みつつ、故郷の活気を取り戻すために漁師となった
49歳の鈴木華子さんが主人公です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学校の頃は!

沼津市で海運業を営む家庭に生まれた華子さんは、
両親が仕事で不在がちだったため、

小学生の時から祖父母と一緒に生活していました。

俳優を目指し上京

高校を卒業した後、俳優を目指して東京に移りました。

映画学校で演技を学びながら努力しましたが、
夢を叶えることができず、24歳で故郷に戻りました。

その後、地元でさまざまなアルバイトを経験しました。

パン作りを学ぶことに!

そのような時期にパン職人の仕事を間近で見て、
自分も技能を身につけたいと再び東京へ行きました。

専門学校で1年間パン作りを学び、
沼津市内のパン屋で職人として働き始めました。

大好きだった祖父・競一さんが

そのような中、
大好きだった祖父の競一さんが病気で亡くなりました。

漁師を生業とし、厳しくも優しかった競一さんは、
「華子は仕事をしっかりやる人間だから、頑張れ」と

いつも励ましてくれていました。

2014年に『はなぱん』をオープン!

はなぱん
〒410-0823 静岡県沼津市我入道浜町352−1 スズエーマート
TEL:055ー931ー2080

【営業時間】
月、水~土曜日:6:00~16:00
日曜日:6:00~15:00

定休日 火曜日

駐車場は、10台あります。

はなぱん公式HP はなぱんInstagram はなぱんX(旧Twitter)
はなぱんFacebook

いちこ
いちこ

はなぱんのLINE登録で
はなぱん人気のバケットまたはバタール
プレゼント有ります!

はなぱんへのアクセス!

東駿河湾環状道路 函南塚本IC よりクルマで約16分

沼津港深海水族館からクルマで約5分

いちこ
いちこ

お店の近くは一方通行や道幅が狭いので気をつけて下さい。

はなぱんの主なメニュー!

フランスパン・ハード系を主に、
ソフトなパン、惣菜パン、クロワッサンやデニッシュ、
焼き立て食パンなど品数豊富なはなぱん!

太刀魚のフライバケットサンド
仕入れの値段で変動します550〜650円

塩さばのバケットサンド

沼津のあじフライバケットサンド

ハード系の種類が豊富で30~60種のパン!

チーズフランスパン 420円
長時間発酵させたフランス生地の中にたっぷりと
モッツァレラチーズを詰め、

その上にナチュラルチーズをかけて焼き上げました。
チーズの香りがやみつきになります。

出典:はなぱん公式HPhttps://peraichi.com/landing_pages/view/hanapan/

くるみとアーモンドと蜂蜜のフランス 540円

オーガニックのくるみの香ばしさと食感が
人気です!

出典:はなぱん公式HPhttps://peraichi.com/landing_pages/view/hanapan/

マカダミアピスタチオ チョコのフランス 540円

マカダナッツミアとピスタチオ、チョコチップを
ふんだんに使用しています!

食パン

プレーン食パン 2斤 660円/1斤 330円

メープル食パン 2斤 740円/1斤 370円

あんこ食パン 2斤 720円/1斤 360円

塩バター食パン 1斤 520円

いちよし
いちよし

メニューはまだまだ美味しそうなパンがあります!
はなぱん公式HPで確認をして下さい。
Instagramなどから通信販売できますよ!

『はなぱん』を開いて丸10年

『はなぱん』を開業して10年が経ちました。

コロナ禍で閉店を考えたこともありましたが、
その困難を乗り越える助けとなったのが、

地元の漁師が釣ったタチウオを使った「魚サンド」でした。

「魚サンド」は店の看板商品

その後、「魚サンド」はお店の看板商品となりました。

そして魚を使うようになってから、
自分が住む漁師町・我入道で漁師が減り、
活気が失われていることに改めて気づいたのです。

「このままでは我入道の漁師町が消えてしまう」と危機感を抱き、
それなら私が漁師になる!」と決心しました。

一本釣り漁の修業

釣りの経験がなかった華子さんは、
知人の漁師に弟子入りし、一本釣り漁の修行を始めました。

現在はパン屋の休みの日を中心に、
週に一度は師匠と共に漁に出ています。

いちこ
いちこ

男性でも大変な仕事、漁師の世界!
人気パン屋さんはなぱんの二刀流、
頑張ってくっださい。

ハム工房Ticca Tocca!

人生の楽園はハム工房Ticca Tocca!高崎市母の愛情たっぷり!

人生の楽園!はなぱんと漁師の二刀流!静岡県沼津市漁師になったパン屋さん

パン屋と漁師の二足の草鞋を履く生活は早朝から始まり、
大変な日々が続いていますが、

華子さんは「楽しくやる!」をモットーに日々努力しています。

そんな華子さんの日常と、支えてくれる家族の姿、
そして常連客や近所の人たちとの心温まる交流をご紹介しましいた。

コメント

テキストのコピーはできません。

アメリカン ダッド!をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました