PR

佐助カフェとギャラリー!笑顔つながる古都の人生の楽園は神奈川鎌倉市

スポンサーリンク
笑顔つながる古都佐助カフェ 暮らし

物語は鎌倉市を舞台に展開します。

元金融業界の人物、
63歳の島崎亮平さんはキャリアを変えて、
地域に根差したカフェをオープンしました。

彼を支えるのは、57歳の妻であるひとみさんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出身から出会い!人生の楽園

亮平さんは福岡で生まれ、
東京で育ちました。大学を卒業後、
彼はイギリスのケンブリッジ大学で経済学を勉強し、
卒業後はそこで金融の仕事に就きました。

日本に戻ってからひとみさんと知り合い、41歳で結婚。

その後、彼らは都心のマンションで生活をしていました。

トレイルランニング中

亮平さんが趣味でトレイルランニングをしていたとき、
鎌倉の高い場所で、
海から吹く風を感じる場所を発見しました。

一方で、ひとみさんは陶芸の勉強を始め、
自宅に陶芸の窯を設置することを夢見ていました。

トレイルランニングとは?

いちよし
いちよし

トレイルランニングって
難しそうだねぇ!

トレイルとは、
アスファルトやコンクリートで固められていない道のことです。

そのため、トレイルランニングは、
こうした舗装されていない道を走るスポーツです。

この未舗装路には森の中の小道、砂利の道、山を登る道など、
多種多様な形があります。

これらを一括してトレイルと呼んでいます。

いち美
いち美

足腰が鍛えられるのは間違いないですね!

トレイルランニングは、
こうした自然の道を走ることを指します。

主に、普段ハイキングや山登りに使われる
コースを走って行うものです。

大好きな鎌倉に移住

2004年に、
この夫婦は大好きな鎌倉に引っ越しました。

亮平さんは鎌倉から都会の中心部へ仕事に行き、
ひとみさんは自宅で陶芸家として工房を設けました。

画像はイメージです!

2011年3月東日本大震災が!

2011年3月の東日本大震災がきっかけで変化が訪れました。

震災で、彼らは東京と鎌倉で孤立し、通信も途絶え、
家も停電するなど困難を経験しました。

この出来事を通して、
地域社会との結びつきの重要性を深く感じた亮平さんは、
どうやって地元に恩返しをするか」と考え始めました。

佐助カフェオープンへ

亮平さんは鎌倉で地域に密接した
カフェを開くことを心に決めました。

金融業界での忙しい仕事の傍らで、
コーヒーについて専門的に学び、
さらには飲食店開業のための学校にも通いました。

理想の場所を見つけて店を建て、
彼はサラリーマンとしての生活に終止符を打ち、
2019年に「佐助カフェ」を開店しました。

佐助カフェの場所とアクセス

佐助カフェ
〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助2丁目18−15
TEL: 0467-55-5226

鎌倉駅からは徒歩で約15分

佐助焼きを開発

亮平さんはカフェで丁寧にコーヒーを淹れ、
顧客との会話も楽しんでいます。

スタッフは3人おり、
忙しい時には彼の妻、ひとみさんも手伝います。

カフェの人気メニューは、マリネした豚肉を使った
「ローストポーク・サンド」
で、
これをオーブンで焼き上げています。

ひとみさんが作った美しい陶器は、
料理をさらに際立たせています。

デザートでは、あんこが特徴の「佐助焼き」がお勧めで、
どら焼き好きの亮平さんが考案したものです。

カフェでは、地元の食材を使うことにも力を入れています。

地元のつながりを大切に

亮平さんは地域社会との絆を重んじており、
彼が運営する「佐助カフェ」では地元の食材を
積極的に使用しています。

特におすすめのデザートは、
アンコが特徴的な「佐助焼き」です。

このアンコは、和菓子で知られる名門
「山屋製餡所」から供給されています。

この店は70年以上の歴史があり、
品質の高さで知られています。

また、カフェで提供されるコーヒーは、開店以来、
品質にこだわり続ける「inuit coffee roaster」からの
豆を使用し、独自のブレンドコーヒーもここで誕生しました。

佐助カフェの営業時間と定休日

佐助カフェ

  • 営業時間 ランチ 11:00~15:00
    ドリンク・スイーツ 11:00〜17:00
  • 定休日 火曜日・水曜日

ホット・ローストポーク・サンド 1,500円
佐助焼き 550円
佐助ブレンド 600円

佐助カフェのギャラリー

「佐助カフェ」はカフェだけでなく、
ギャラリーとしての顔も持っています。

店内とその向かいにあるスペースでは、
さまざまなアート作品が展示されています。

亮平さんは毎年、鎌倉の住民から作品を
集めて「かま展」という展示会を開催しています。


この展示会の特徴は、
小学生の作品とプロのアーティストの作品が
同じ場で展示されることで、
幅広い才能が一堂に会する点にあります。

入場料 無料
(イベントによって変更有り)
貸出料金 1日11,000円

佐助カフェのギャラリーの営業時間と定休日

佐助カフェギャラリー

  • 営業時間 11:00~17:00
  • 定休日  不定休

その他、お問い合わせなど詳しくは公式サイト、
Instagramをご覧下さい。

佐助カフェ公式サイト

佐助カフェInstagram

兵庫高砂市夫婦の盆栽!

兵庫高砂市夫婦の盆栽!手のひらの大自然に人生の楽園物語!

笑顔つながる古都の佐助カフェとギャラリー

亮平さんとひとみさんは、
愛する鎌倉に移り住み、
地域に根差したカフェを開業しました。

この夫婦は地域の人々との楽しい生活を望んでいます。

彼らのカフェは、地元の人々が集まり、
互いの交流が生まれる心温まる場所となっています。

この物語は、そんな彼らの日常を紹介しました。

コメント

テキストのコピーはできません。

アメリカン ダッド!をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました