PR

うるう年は4年に1度?その歴史と過去の違いと未来の違いは!

スポンサーリンク
うるう年 暮らし

2024年のカレンダーには、
追加の特別な日が設けられています。

それはうるう日です。

最後のうるう年を思い出せますか?

2020年のこと、
世界がパンデミックに見舞われていた時期です。

4年の時を経て、幸運な日、2月29日の
「うるう日」が再び訪れます。

BBCによると、
世界中で約500万人のうるう日に生まれた人が、
4年に1度の特別な誕生日を2月29日に祝います。

うるう日を祝うための特別なバースデーカードの
需要が高まる時期でもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うるう年がある理由

うるう年が4年ごとに設けられるのは、
グレゴリオ暦を地球の季節の変化と合わせるためです。

これは地球が太陽の周りを一周するのに365日と約4分の1日、
具体的には365日5時間48分45秒かかるからです。

この少しの時間が4年間で1日に蓄積し、
カレンダーに追加される特別な日が生まれます。

2月が通常28日しかないため、
この余分な1日は2月に追加され、2月29日はうるう日、
または閏日と専門的に称されます。

2100年は?

21世紀に入ってこれまでに訪れたうるう年には、
2020年、2016年、2012年、2008年、2004年、
そして2000年が含まれます。

これから先、
うるう年は2028年、2032年、2036年、2040年などと続きます。

この規則は非常にシンプルで、年数が4で割り切れる場合、
その年はうるう年とされます。

しかし、一つ例外があります。

それは2100年で、
これはうるう年とはみなされません。

その理由とは何でしょうか?

現在はグレゴリオ暦へ

「5時間48分45秒」という時間は、
残念ながら「6時間」には達していません。

その差は11分15秒になります。

この時間差が16世紀に、
ローマ時代のユリウス暦から現在使用されている
グレゴリオ暦への変更の根本的な理由でした。

毎年のずれ!

紀元前46年に、
ジュリアス・シーザーはユリウス暦を導入し、
4年ごとに年間で最短の月である2月に余分な1日を加えることで、
四分の一日ごとに生じる予測可能な誤差を修正しようと試みました
とウォーリック大学宇宙物理学グループの
ジェームズ・マコーマック博士が述べています。

しかし、この修正は少し過剰だった。

太陽年は実際には365.25日ではなく、
365.2422日とわずかに短いため、
ユリウス暦は太陽年と比較して
毎年約11.2分ずれていくことになりました。

13日のずれは

ユリウス暦による地球の公転周期の過度の単純化が原因で、
16世紀の終わり頃には13日の誤差が生じていました。

この問題を解決するため、
ローマ教皇グレゴリウス13世は1582年に
グレゴリオ暦の導入を決定しました。



オーロラが日本でも見られる?
オーロラ北海道で見られる?どの辺で見られるのか?気温や天気の条件はある

2月29日生まれる確率は

2月29日に生まれる可能性について話します。

先に結果を言うと、
2月29日に生まれる確率は0.000684%と非常に低いです。

通常、ある特定の日に生まれる確率は
「その日1日÷365日」で算出され、
約0.2739%になります。

この計算から、2月29日が誕生日である確率は
格段に低いことがわかります。


まとめ

グレゴリオ暦のシステムでは、
4年ごとにうるう日を追加すると同時に、
400年間に3回のうるう日を省略します。

この規則により、
年が4で割り切れる場合は通常うるう年とされますが、
100で割り切れる上に400で割り切れない年は
うるう年にはなりません。

スミソニアン博物館によると、
このルールのために2000年がうるう年であったのに対し、
1700年、1800年、1900年、そして2100年はうるう年ではありません。

コメント

テキストのコピーはできません。

アメリカン ダッド!をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました