PR

シチューに入れる鶏肉の部位はどこがいい?炒め方や入れるタイミングは!

スポンサーリンク
シチューに入れる鶏肉の部位 グルメ

クリームシチューに加える理想的な鶏肉部位について。
様々な選択肢がありますが、もも肉や胸肉、手羽先、
ささみなどが存在します。

美味しい料理を目指す際、
誰もが失敗を避けたいものです。

適切な部位を知ることで、
料理の準備がスムーズになり、試みやすくなります。

どのカットが最も適しているか、事前の下処理が必要か、
炒めるべきか等の疑問を解決します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シチューに入れる鶏肉の部位はどこを入れますか?

シチュー作りにおいて、
鶏もも肉が最も適した選択とされています。

多くの家庭では、
その理由で鶏もも肉を好んで使用しています。

鶏もも肉は脂肪分が豊富で、
短時間の煮込みでも深みのある味わいを提供し、
柔らかな食感が特徴です。

これが、クリーミーなシチューの味を引き立てます。

鶏もも肉から不要な脂肪を取り除いたり、
筋を切り取る作業は、特にカーブしたハサミを
使うと滑りにくく安全です。

脂肪分を気にする方は、皮を剥ぐことでカロリーを
大幅に減らすことができますが、興味深いことに、
皮と肉のカロリーは実は同じです。

鶏もも肉がシチューに最適とされていますが、
実際には様々な部位を使っても美味しい
シチューを作ることができます。

その方法についてもご紹介しましょう!

鶏胸肉を入れる

鶏胸肉はそのリーズナブルな価格でコスト効率
良く料理が可能です。

皮が簡単に除去でき、
ほとんどが脂肪である皮を取り除くことで、
よりヘルシーな選択が可能です。

しかし、鶏胸肉の乾燥しやすいので注意が必要です。

これを回避するためには、肉を棒状に切り、
その後薄切りにして、煮込み時間を短縮する、
または焼いた肉を料理の最終段階で加えると良い
でしょう。

ささみを入れる

低カロリーで高たんぱくなささみは、
鶏胸肉と比べてよりジューシーな食感を楽しめます。

しかし、長時間煮込むと硬くなる傾向があるため、
薄切りにして短時間で調理するか、
焼き加える方法で料理を完成させることがおすすめです。

骨付き肉を入れる

手羽元の骨付き肉もまた、
美味しい食べ方の一つです。


この部位は30分程度煮込むことで
骨から肉がほろりと外れ、食べやすくなります。

皮がついているので、
肉汁を保ちながらジューシーさを楽しめます。

30分ぐらいの煮込みで、
骨からの出汁が料理を格別の味わいに変えます。

ただし、食べ方が少し雑になるため、
きちんとした場には不向きかもしれません。

シチューの具材は炒める?

シチューに不可欠な食材である人参、じゃがいも、
玉ねぎは、予め茹でる必要はありません。

鶏肉や人参、じゃがいも、
玉ねぎを使用したシチューの調理法は、
カレーの作り方と同じ方法です。

炒めた後は?

基本的な調理法では、材料を炒めてから水を加え、
煮込み、最後に牛乳や調味料を混ぜ込んで完成させます。

しかし、ブロッコリーやスナップえんどうなどの
装飾的な野菜を加える場合は、事前に軽く茹でてから
最終的にトッピングするとよいです。

これは、長時間煮込むとこれらの野菜が
崩れてしまうため
です。

じゃがいもはシチューに直接煮込むことができますが、
煮込み過ぎを避けたい場合は、予
め茹でておいてから最後に加える方法がおすすめです。

いつもとはひと味違ったモノを添える

カレーにはらっきょうと福神漬けのように
その家でのひと味を見つけて下さい。

私の家でのひと味はいろいろあって
チーズを後乗せ、コーン増量、ツナ缶、サバ缶
このあたりは、家にあるときには当たり前に
みんなが欲しいときに加えられるように
器に盛っておいてあります。

最近定番になりそうなのが、ニラキムチ
これが意外とあうんですね。

普通のキムチやカクテキもあうと思います。

今度試してみたいのがイカの塩辛
絶対あいますよ。

何かあうモノがあれば教えて下さい。


鮎の塩焼きは内臓を取りますか?
鮎の塩焼きは内臓取らない?内臓は食べてもいい?調理方法はどうする!


シチューに入れる鶏肉の部位は?

クリームシチューの理想的な選択肢として、
鶏もも肉が挙げられます。

脂肪分が豊富でありながらジューシーな鶏もも肉は、
煮込むとその脂が素晴らしい風味を加え、料理を格上げします。

カロリーに敏感な人もいるでしょう。

そうした場合、皮を剥ぎ取ってから
料理に使用すれば問題ありません!

実際、皮と肉部分はカロリーが同等です。

これにより、カロリー削減が可能になります。

コメント

テキストのコピーはできません。

アメリカン ダッド!をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む

タイトルとURLをコピーしました